毛周期のサイクルの特徴と脱毛に適した時期

体毛は生え変わる周期があり、これを毛周期と呼んでいます。毛周期は体の部位によって少しずつ異なり、毛が抜けても新しい毛が皮膚の中で伸び始めてきます。そして毛周期には休止期という毛が抜け落ちている時期があります。この時期に脱毛はできず、部位によっては半年ぐらい毛が生えないこともあります。毛周期には休止期の他にも退行期と成長期があり、成長期は毛が伸びていく時期になります。

 

退行期は毛の成長が止まり、毛穴の中で毛が浮いた状態になっています。そのため毛が抜けやすいという特徴があります。そして休止期になり、これを繰り返すのが毛周期になります。脱毛をする時には、このような毛周期を把握し、毛の生える仕組みを知ることが必要になります。エステサロンで脱毛をする場合、光を黒いメラニン色素に反応させることで施術しています。

 

そのため休止期の時には、メラニン色素がないため施術の効果がないことになります。このことからも脱毛をする時は、成長期まで待つことが必要になります。さらに毛周期は、体の部位によって生え変わるサイクルが異なります。脇や腕や脚など各部位によって、脱毛の時期が異なってくるので、一緒に施術することができないことになります。体毛は生え変わる毛周期と呼ばれるサイクルがあり、体の部位によって生え変わる時期が異なります。